"日々の暮らしに馴染む上質な日常着" 高品質な「遠州織物」を使用したシンプルな衣服。ふくふくとした豊かな風合いを大切に。
by HUIS -ハウス-
"Cat3" Skin by Animal Skin
\6/21(木)~東京駅ecute東京に出展します/

\6/21(木)~東京駅ecute東京に出展します/

a0331944_08205106.jpg

先週末から6/20まで静岡パルコさんで開催中のHUIS×チムグスイ展には、おかげさまで連日たくさんのお客さまにご来場いただいていて嬉しく思っています。


引き続きまして、6/21からは東京駅のecute東京でのイベントに出展させていただく予定です。


東京駅丸の内駅舎にあるecute東京さんは、ストアコンセプトを「ニッポンRe-STANDARD」、環境コンセプトを「ennichi(縁日)」とした施設です。


自由が丘や東急百貨店に出展されているコレパンさんの取扱として、横浜タカシマヤさんにつづき今回も参加させていただくものです。東京駅という大きな拠点で、HUISのコンセプトにも合致する施設とのご縁をいただけて嬉しいです。

都内近郊にお住まいの方はぜひお立ち寄りください。


■ecute東京(東京駅)
日程:6/21(木)~6/30(土)
https://www.ecute.jp/tokyo


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
高品質な“遠州織物”を使用したシンプルな衣服。
ふくふくとした豊かな生地の風合いを大切に。
HUISweb | www.1-huis.com
HUISonlinestore | http://1-huis.stores.jp/
HUIS instagram | https://www.instagram.com/1_huis
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


Top▲ # by 1-HUIS | 2018-06-14 08:21 | イベントへの出展情報 | Comments(0)
6/9(土)より、静岡パルコさんでの「HUIS×チムグスイ」展スタートしています

a0331944_08183063.jpg

6/9(土)より、静岡パルコさんでの「HUIS×チムグスイ」展スタートしています。


場所は、1Fフロアの中央、アーバンリサーチ前のスペースになります。
チムグスイさんの素敵なハーブ商品とともに、展示販売させていただいてます。
明日からは台風も予想されてますが、今日はお天気もよくお出かけ日和となっていますのでぜひお越しくださいね。

a0331944_08185798.jpg
a0331944_08191313.jpg

■チムグスイ
https://chimugusui.com

■HUIS×チムグスイ Exhibition
【場所】静岡パルコ1Fフロア
【期間】平成30年6月9日(土)~20日(水)


□静岡パルコ
http://shizuoka.parco.jp/page2/event/13260/

a0331944_08193178.jpg
a0331944_08192370.jpg

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
高品質な“遠州織物”を使用したシンプルな衣服。
ふくふくとした豊かな生地の風合いを大切に。
HUISweb | www.1-huis.com
HUISonlinestore | http://1-huis.stores.jp/
HUIS instagram | https://www.instagram.com/1_huis
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


Top▲ # by 1-HUIS | 2018-06-14 08:19 | イベントへの出展情報 | Comments(0)
6/9(土)~静岡パルコさんでの「HUIS×チムグスイ」展について、PARCO公式ウェブサイトでご紹介いただきました。

6/9(土)~スタートする、静岡パルコさんでの「HUIS×チムグスイ」展について、PARCO公式ウェブサイトでご紹介いただきました。

□静岡パルコ
http://shizuoka.parco.jp/page2/event/13260/

a0331944_21275626.jpg

場所は、1Fフロアの中央、アーバンリサーチ前のスペースになります。
チムグスイさんとのブースディスプレイもとても楽しみです。約2週間の催事となりますので、お近くの方はぜひお立ち寄りください。
(先日ご案内した会期の開始に誤りがあり、6/9からとなります。)


■チムグスイ
https://chimugusui.com


■HUIS×チムグスイ Exhibition
【場所】静岡パルコ1Fフロア
【期間】平成30年6月9日(土)~20日(水)




- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
高品質な“遠州織物”を使用したシンプルな衣服。
ふくふくとした豊かな生地の風合いを大切に。
HUISweb | www.1-huis.com
HUISonlinestore | http://1-huis.stores.jp/
HUIS instagram | https://www.instagram.com/1_huis
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


Top▲ # by 1-HUIS | 2018-06-07 21:28 | イベントへの出展情報 | Comments(0)
シャトル織機で織る、古橋織布さんの唯一無二の生地

a0331944_21242396.jpg

先日の名古屋髙島屋さんでの催事「NUNOフェスティバル」は、布をテーマにしたものだったこともあり、興味を持ってご来場いただいた方々も多く、HUISにとってはこれまで以上にたくさんのお客さまにお届けすることのできた6日間となりました。


そんなお客さまと日々お話させていただく中で感じたこともたくさんあり、雑多な内容になってしまいますが、感じたことを今回は少し書き留めて見たいと思います。


HUISは、高級シャツ生地の産地として知られる「遠州織物」を使っていますが、その中でも旧式の「シャトル織機」で生地を織る『古橋織布』さんの生地を使わせていただいています。


シャトル織機は低速で織ることから、極めて細い糸を超高密度で織ることができます。多くの糸量を使うことから耐久性が高く、また、驚くほど柔らかく上質な質感が生まれます。


通常は、こんなにも細く、こんなにも高密度に織られた生地を、目にすること、手にすることはほとんどありません。それは、「シャトル織機」によってシャツ生地を織る機織り工場は、世界でも古橋織布さんの他にはほとんどないからです。今ではもう製造されていない、価値ある旧式の「シャトル織機」だからこそ生まれる、様々な機能性と心地よさを持った特別な生地なのです。


一方で、低速のシャトル織機での生地生産は、最新の近代織機と比較して20〜30倍もの時間がかかると言われています。〇〇倍という表現では、少しイメージしづらいものですが、つまり、通常は1日で織る生地を、1ヶ月近くもかけて織っている。ということです。それだけの途方もない時間をかけることで初めて生まれる、特別な生地なのです。


ただ、生地生産にそれだけの時間がかかっているということは、需給バランスで成る経済社会の中で、それだけの付加価値がついて流通されているということです。ごくごく単純な計算で考えれば、20倍から30倍の付加価値。


古橋織布さんの生み出す生地、その耐久性・機能性と心地よさには、繊維業界の中でそれだけの価値が認められています。世界的にも希少な「シャトル織機」で織られた生地に、世界中の高級ブランドが自然と行き着くのには、こうした理由があるのです。


HUISは、遠州という地域の中で生地を直接仕入れることができることで、こうした世界的な最高級の生地を使わせていただきながらも、手の届きやすい価格帯に留め、日常着として使ってもらえること、産地や生地背景を感じてもらえることをコンセプトしています。
名古屋での6日間は、こうした品質と私たちの想いを理解していただくことのできた、大切な6日間となりました。


古橋織布さんのすごさは、織機が近代化し技術革新が行われていく時代の中で、旧式のシャトル織機を使い、さらには改良をし続けて来たことにあります。

何倍も、何十倍も早く織ることのできる織機が開発され、他社が設備を入れ替えていく。他方、古橋織布さんは、その効率化の一方で失われてしまう大切なもの=風合いや耐久性といった価値に重きを置いて、実直にこれまでどおりの生地を織り続けてきました。


むしろ、その価値をさらに高めるため、独自にシャトル織機をカスタマイズし、より細い糸を、より高密度で織れるよう改良をし続けてきました。
高速で、低密度に、効率よく織るのが繊維業界における“技術の革新”です。まさに時代と逆行する道を突き進むことで、世界でも古橋織布しか織ることのできない、唯一無二の生地を作り続けてきたのです。


髙島屋さんでお話しさせていただいたたくさんの方々から、こんなお話をよく聞かせていただきました。昔の服は生地が良く、おじいさんおばあさんの服は洗っても洗っても何年も何十年も、一生着られる服だった。その頃の生地と、すごくよく似た風合いだと。


HUISの扱わせていただいている生地は、まさにその生地です。たっぷりの糸を、ゆっくりじっくりと高密度に織り上げ、“丈夫”で“最高に心地の良い”生地。洗いをかけることで、一層風合いを増し、ずっと長く着続けられる服。


まだそんな大切な生地が、この日本で織られています。
担い手が高齢化し、技術が次々と絶えてしまう時代の中で、次世代に残さなければならない、大切な価値だと私たちは思っています。


※古橋織布さんのシャトル織機の様子は、掲載いたしましたHUISのプロモーションMVでご紹介していますのでぜひご覧ください。

https://www.youtube.com/watch?v=nWoDR_8QsQI&feature=youtu.be


■HUIS|遠州織物
http://1-huis.com/


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
高品質な“遠州織物”を使用したシンプルな衣服。
ふくふくとした豊かな生地の風合いを大切に。
HUISweb | www.1-huis.com
HUISonlinestore | http://1-huis.stores.jp/
HUIS instagram | https://www.instagram.com/1_huis
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


Top▲ # by 1-HUIS | 2018-06-07 21:26 | 遠州織物のこと | Comments(0)
シャトル織機で織る、古橋織布さんの唯一無二の生地

a0331944_21242396.jpg

先日の名古屋髙島屋さんでの催事「NUNOフェスティバル」は、布をテーマにしたものだったこともあり、興味を持ってご来場いただいた方々も多く、HUISにとってはこれまで以上にたくさんのお客さまにお届けすることのできた6日間となりました。


そんなお客さまと日々お話させていただく中で感じたこともたくさんあり、雑多な内容になってしまいますが、感じたことを今回は少し書き留めて見たいと思います。


HUISは、高級シャツ生地の産地として知られる「遠州織物」を使っていますが、その中でも旧式の「シャトル織機」で生地を織る『古橋織布』さんの生地を使わせていただいています。


シャトル織機は低速で織ることから、極めて細い糸を超高密度で織ることができます。多くの糸量を使うことから耐久性が高く、また、驚くほど柔らかく上質な質感が生まれます。


通常は、こんなにも細く、こんなにも高密度に織られた生地を、目にすること、手にすることはほとんどありません。それは、「シャトル織機」によってシャツ生地を織る機織り工場は、世界でも古橋織布さんの他にはほとんどないからです。今ではもう製造されていない、価値ある旧式の「シャトル織機」だからこそ生まれる、様々な機能性と心地よさを持った特別な生地なのです。


一方で、低速のシャトル織機での生地生産は、最新の近代織機と比較して20〜30倍もの時間がかかると言われています。〇〇倍という表現では、少しイメージしづらいものですが、つまり、通常は1日で織る生地を、1ヶ月近くもかけて織っている。ということです。それだけの途方もない時間をかけることで初めて生まれる、特別な生地なのです。


ただ、生地生産にそれだけの時間がかかっているということは、需給バランスで成る経済社会の中で、それだけの付加価値がついて流通されているということです。ごくごく単純な計算で考えれば、20倍から30倍の付加価値。


古橋織布さんの生み出す生地、その耐久性・機能性と心地よさには、繊維業界の中でそれだけの価値が認められています。世界的にも希少な「シャトル織機」で織られた生地に、世界中の高級ブランドが自然と行き着くのには、こうした理由があるのです。


HUISは、遠州という地域の中で生地を直接仕入れることができることで、こうした世界的な最高級の生地を使わせていただきながらも、手の届きやすい価格帯に留め、日常着として使ってもらえること、産地や生地背景を感じてもらえることをコンセプトしています。
名古屋での6日間は、こうした品質と私たちの想いを理解していただくことのできた、大切な6日間となりました。


古橋織布さんのすごさは、織機が近代化し技術革新が行われていく時代の中で、旧式のシャトル織機を使い、さらには改良をし続けて来たことにあります。

何倍も、何十倍も早く織ることのできる織機が開発され、他社が設備を入れ替えていく。他方、古橋織布さんは、その効率化の一方で失われてしまう大切なもの=風合いや耐久性といった価値に重きを置いて、実直にこれまでどおりの生地を織り続けてきました。


むしろ、その価値をさらに高めるため、独自にシャトル織機をカスタマイズし、より細い糸を、より高密度で織れるよう改良をし続けてきました。
高速で、低密度に、効率よく織るのが繊維業界における“技術の革新”です。まさに時代と逆行する道を突き進むことで、世界でも古橋織布しか織ることのできない、唯一無二の生地を作り続けてきたのです。


髙島屋さんでお話しさせていただいたたくさんの方々から、こんなお話をよく聞かせていただきました。昔の服は生地が良く、おじいさんおばあさんの服は洗っても洗っても何年も何十年も、一生着られる服だった。その頃の生地と、すごくよく似た風合いだと。


HUISの扱わせていただいている生地は、まさにその生地です。たっぷりの糸を、ゆっくりじっくりと高密度に織り上げ、“丈夫”で“最高に心地の良い”生地。洗いをかけることで、一層風合いを増し、ずっと長く着続けられる服。


まだそんな大切な生地が、この日本で織られています。
担い手が高齢化し、技術が次々と絶えてしまう時代の中で、次世代に残さなければならない、大切な価値だと私たちは思っています。


※古橋織布さんのシャトル織機の様子は、掲載いたしましたHUISのプロモーションMVでご紹介していますのでぜひご覧ください。

https://www.youtube.com/watch?v=nWoDR_8QsQI&feature=youtu.be


■HUIS|遠州織物
http://1-huis.com/


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
高品質な“遠州織物”を使用したシンプルな衣服。
ふくふくとした豊かな生地の風合いを大切に。
HUISweb | www.1-huis.com
HUISonlinestore | http://1-huis.stores.jp/
HUIS instagram | https://www.instagram.com/1_huis
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


Top▲ # by 1-HUIS | 2018-06-07 21:26 | 遠州織物のこと | Comments(0)
| ページトップ |